専門コンサルによる”さすが!”な一冊「ブランディング7つの原則 」

世界最大のブランディング専門会社「インターブランド」社によるブランド解説書。勉強になります!

ブランディング 7つの原則【改訂版】 成長企業の世界標準ノウハウ

<さすが!その1> 「最安のものでも最良のものでもなく、最愛のもの」をつくるのがブランド

「ブランド」「ブランディング」の定義がわかりやすくシンプル。ブランドの定義って、いくらでもありますが、「ブランディング」を売っているインターブランド社だけあるなあと。そのまま実践に落とし込みやすくフレームワークとして優れていると思います。

ブランドとは

A brand is defined as living business asset, brought to life across all touchpoint which , if properly managed, creates identification(識別性). Differentiation(差別性) and value(価値).

「常に変化するビジネス資産(living business asset)」であり、 識別性(identification)/差別性( Differentiation)/価値(value)をもたらしてくれるもの、それが「ブランド」ということです。

そして、ブランディングとは

あらゆるビジネス活動をマネジメントし、ビジネスアセットであるブランド価値を最大化することを目指す活動

顧客の頭の中にある「識別」を、意図した方向に導き、「ごひいき」といった付加価値を生み出すことを目的に、全てのビジネスプロセスを丁寧にマネジメントしていく活動

とのこと。「ごひいき」「最愛」という「顧客の頭の中」の感覚・感情的なものを扱うので、活動で気を付けることが、”丁寧さ”というのもしっくり。

<さすが!その2>戦略は事業戦略と相互に強く影響し合う

左図が一般企業での組織イメージ。インターブランド社が提唱するのは右。事業戦略と同等のポジション。これは本当にそう!

本書は著名ブランドの事例中心ですが、中小企業こそ、この組織を実現しやすいはず。経営に近い部署が自社ブランドをしっかり示す。私の日々のPR支援も、目指すはそこ。目の前の施策に注目するだけでなく、それが自社のブランドにとってどんな意味を持つのか、を日々問いかけております。

インターブランド社論説「人口減少社会とブランディング」より引用

<さすが!その3>そして7つの原則とは!?

再現性のあるフレームワークとして、7つのステップでブランディングを体系化。考えるべきポイントが網羅されていてすばらしい。とはいえ、7ステップもあると、インターブランドさんと一緒じゃないとやりきれないかも、、、。中小企業で実践するなら、私の”教科書”「経営とデザインの幸せな関係」くらいのシンプルさがよいですね。

https://www.interbrandjapan.com/ja/article/book.htmlより

<さすが!その4>ブランドプロポジションが大事!

ブランドプロポジションとは「ブランドのあるべき姿をステートメント化したもの」のこと。これを決めるため、そしてこれを実行するため、のブランディングと考えてもいいくらい重要です。その条件も過不足なく言語化されています。

  1. シンプルで分かりやすいこと。日本語では30文字以内
  2. 「あれもこれも」ではなく、「これ!」に絞られていること
  3. 顧客に対して提案性があること
  4. 競合ブランドとの差別化がなされていること
  5. 従業員の活動の求心力になること
  6. 将来の方向性、可能性を示していること

そして、「ブランドプロポジション」を実現するために「クアドランドモデル」もつくってあります。これをみながら、あらゆるタッチポイントで、ブランドらしさを具体的に落とし込んでいくわけですね。顧客も社内も大事です。

ダイアモンド・オンライン「30年後の未来を見据えた「日本ブランド」への提言」より

<さすが!その5>「ブランド価値評価」

この「経済価値」でブランドを評価する世界共通の統一手法を普及させ、毎年ブランドランキングで企業をドキドキさせているインターブランド社。これが最大の武器なんでしょう。評価の計算式なども、本著には紹介してありますが、「いや、こんなこと自社でやってられない!」のは間違いない。

本書は、つまりは”壮大な営業ツール”なんですよね。それがこれだけ中身が濃いというのは、すごいことです。

<備忘>ブランディングを進めるうえでのフレームワークではないですが、企業のブランド体系に3種類ある、というのもわかりやすい区分だったので、備忘のため引用しておきます。

【ブランド体系】

  • マスターブランド体系→コーポレートブランドで事業を展開(BMW、ハーゲンダッツ)
  • フリースタンディング・ブランド体系→コーポレートブランドに頼らず事業を展開(P&G、Mars)
  • エンドーストブランド体系→コーポレートブランドが事業を下支え(TOYOTA、Honda、Canon) 

<ブランド関連オススメ本> 過去投稿にリンク

「経営とデザインの幸せな関係」もはや教科書!”中川政七商店”流コンサル

「小さな会社の生きる道。」中川政七商店直伝のブランドの作り方

「カプフェレ教授のラグジュアリー論」①フランス発のブランド論

「カプフェレ教授のラグジュアリー論」②ラグジュアリーブランドの成長とは?

「プレイス・ブランディング」その①

「ブランド戦略論」田中洋 その①

「GROW 本当のブランド理念について語ろう」著名CMOの重厚なブランド理論&経験談

「人生は、運よりも実力よりも『勘違いさせる力』で決まっている」ブランド嫌いのための自分ブランディング本

<コンサルタントに関するオススメ本>過去投稿にリンク

「申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。」コンサルタントの誠実なる自虐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。