ファンドマネージャーの絶妙な書籍PR「ビジネスエリートになるための 教養としての投資」奥野 一成

「森岡毅 絶賛!」という赤文字が帯に踊る1冊(これは見逃せないぞ、、、)

ビジネスエリートになるための 教養としての投資

著者は農林中金バリューインベストメンツのCIO、森岡さんの刀との協業発表会見にも登壇していました。「おおぶね」という投資家心をくすぐるネーミングの投資信託が注目されてます。

農林中金バリューインベストメンツと刀の協業発表の様子

さて、本書。「労働者でなく投資家になろう」というメッセージのもと、投資の具体的アドバイスというより、著者の生い立ちや、人生、仕事への思い、投信哲学などが印象的な、とても誠実でまっすぐな本という印象。

日本人は投資を知らなさすぎる。投資と投機は違う。投資は危険なものではないし、いかがわしいものでもない。

資本家になることは日本人としての責務である

個人のためというより、日本の将来のために、本のタイトル通り”教養として”国民みんなが投資を学ぶべき、という熱い信念があふれています。

書籍PRのお手本のような見事な流れ!

著者の投資の軸は「強靭な構造を持つ、持続的に利益を生み出す会社を見極めて、株を長期保有せよ」というもの。これは、一般人にはなかなか難しいアドバイスです。だからこそ、著者に共感し、「将来のため、日本のために投資するぞ!でも、難しそう。。。」となった読者が、著者がファンドマネージャーの投資信託「おおぶね」の存在に気づき、「これを買おう!」ってなるのでしょう(私はなりました)。

本著には「おおぶね」のことはほとんど出てこないので、押し売り感はありません(そもそも金融商品は規制の多い分野ですから、直接的な表現は難しいでしょうし)。とにかく、”信頼を得る”のに非常に効果的な書籍PRのパワーを、自ら実感できた面白い読書体験でした。

他にもあります、有名ファンドマネージャーの注目本

顔の見えるファンドマネージャーといえば、”さわかみファンド”澤上篤人氏や、”ひふみ投信”藤野 英人氏が有名です。著者もどんどん活躍されそうですね。

澤上篤人氏の近著。「世界経済はもっと荒れるぞ、そして超インフレだ 」は”コロナ禍の未来を読み切る、著者渾身の緊急書き下ろし”だそうです。気になる。。。読もう。

澤上氏のもう1冊。「お金がどんどん増える「長期投資」で幸せになろう」。これも読んだら、ファンド買い増しちゃうんだろうな〜。

藤野氏は、こちら「投資家みたいに生きろ 将来の不安を打ち破る人生戦略」がわかりやすそう。他にも、「ゲコノミクス 巨大市場を開拓せよ!」も王道の投資本とは違いますが面白そうです。