ジブリは古典となるか「ナウシカ考」

マンガ「風の谷のナウシカ」を民俗学者である著者が、ひたすらにテキストとしてナウシカを読み込み、解釈した試み。ジブリと同時代に生きる幸せを再確認する読書体験となりました。かなり好き。

読書アプリで異色の出会い「ずぶぬれの木曜日」エドワード・ゴーリー

不気味で不吉で不条理な展開、モノクロの絵、「オトナの絵本」とも言われ絶大な人気のエドワード・ゴーリーの1冊。 ずぶぬれの木曜日 読書メーターでの新たな作者との出会い 読書管理アプリ「読書メーター」で、お気に入りさんの感想… 続きを読む 読書アプリで異色の出会い「ずぶぬれの木曜日」エドワード・ゴーリー