リリース紹介:アドベンチャーワールド パンダの赤ちゃん誕生

パンダ誕生、は関西では馴染みのニュースですが、、、

和歌山・白浜のテーマパーク「アドベンチャーワールド」で15頭目のパンダの赤ちゃんが誕生した、というニュースリリースが8/15に発表されましたね!

2018年8月14 日(火)ジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生しました

わずか75gで生まれ、保育器に入れてスタッフが懸命のサポートを行っています

http://www.aws-s.com/pressrelease/pdf/180815.pdf

関西では、パンダの赤ちゃんは毎年のようにアドベンチャーワールドで誕生しているので、上野動物園でのパンダの繁殖で東京のメディアが大興奮するのは、PRパーソンとしては、複雑な心境です。

”東京にあるものが地方にあっても、ニュースにならない”

と言うことが身に染みる、、、、。だからこそ、独自の視点や切り口、ストーリーをきっちり表現し、伝え続ける必要がありますね。

と言いつつ、アドベンチャーワールドは、パンダだけが注目されると経営基盤が弱くなるので、そうならないようニュースの作り方に気をつけている、のだそうです。

「パンダに頼らぬ」 アドベンチャーワールドの苦い経験

https://www.asahi.com/articles/ASL4H7K7QL4HPXLB00V.html

アドベンチャーワールドは毎月5~10件以上と、なかなか精力的にニュースリリースを発信しています。ただ、記事化されるのは、やはりパンダのニュースがほとんどです。

日本のテーマパーク第4位!メディアの注目も高いトリップアドバイザーランキング

今月2018年8月は、すで8件のリリースを発表しています、ハイペース!!広報ご担当の方がんばっていらっしゃる!今月のリリースで、こんなニュースも発表されています。

トリップアドバイザー “トラベラーズチョイス2018” 日本のテーマパークランキング「第 4 位」にランクイン!アジアでも「第8位」!

http://www.aws-s.com/pressrelease/pdf/180808_1.pdf

このニュースは意外性があったためか(関西のマイナーなテーマパークがUSJ、TDRに続いて4位だと!?って感じでしょうか)複数のWEBニュースで記事化されています。アドベンチャーワールドに行ったことがあり、その魅力を知っている身としては、あのユニークさは他には類がなく、高評価に嬉しくなります。

アドベンチャーワールドの公式サイトでは、2016年以降のリリースのみ確認できるのですが、この3年のリリース傾向を見ていても、当初はパンダ中心&その他動物誕生など程度の発表だったのが、次第に、大学との研究や教育面での連携、園内・外イベントの告知、パンダ以外の動物たちのニュースの増加など、リリース案件となる範囲が社内で拡大している様子が伺えます。

オンリーワンの存在として企業PRに力点を置いたら、もっとPR効果が狙えそう

ただし、アドベンチャーワールドは、経営方針の開示や、経営陣のメディア露出にあまり積極的でないようで、どのような考えの会社なのか、なかなか情報が出てきません。唯一、この春の開園40周年時に、報道各社のインタビューに社長が応じたようで、朝日・毎日・読売などのサイトで社長インタビューの記事が確認できました。どれも興味深い内容の記事で、歴史も理念もしっかりしてるので、もっと企業PRを積極的に仕掛けてもよいではないか、と感じました。

ちなみに、収入高推移は以下の通り。インバウンド効果もあるのか、増加傾向ではありますが、右肩上がり、、、ではないですね。繁閑の差も激しそうです。

2017年度 72億9700万円(前年比7.2%減)

2016年度 78億6200万円(前年比8.5%増)

2015年度 72億4300万円(前年比6.3%増)

2014年度 68億1100万円(前年比4.7%減)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です