書評「POWER OF TWO 二人で一人の天才」孤高の天才とは神話だ!

ビートルズのジョンとポール、アップルのジョブズとウォズニアックなど、クリエイティブ・ペア(創造的な2人組)たちの結びつき、その化学反応について理解すべく事例を集め、分析した一冊。。

POWERS OF TWO 二人で一人の天才

”孤高の天才”の影に、歴史に埋もれたパートナーあり

孤高の天才という概念が、創造性に関する私たちのイメージを支配するようになったのは、それが真実だからではなく手頃な物語になるからだ。

”創造性に不可欠な社会的側面を、神話に頼らずにわかりやすく語る視点が1つある。それがクリエィテイブ・ペア(創造的な2人組み)の物語だ。

1人は孤高の天才として注目され、もう一人は歴史の影に埋もれていることが、例外というより新しい法則に思えてきた

著書は、編集者との関係に思いを巡らせるうちに、創造的なパートナーシップ、人間関係の「化学反応」や「電気」の正体や本質について強い興味を持ったそうです。

著名なペアだけでなく、あらゆる分野の人間関係に、パートナーシップは存在します。

どの分野にも有名ゴルファーを支える無名のキャディーがいるが、その役割が世間の目に触れることはない。彼らの働きは、関係者にとっては計り知れないほど重要だが、めったに光が当たらないのだ。画家の影に隠れているのはテオ・ヴァン・ゴッホだけではない。画商や学芸員、額縁職人、助手など多くの人が、基本的には無名のままだ。


孤高の天才の文化は、多くの女性から本来ふさわしい名声を奪ってきた。〜比較的最近まで、創造性を評価される男性は、妻の努力のおかげで名声を手にすることも少なくなかった。妻たちは夫の研究助手や編集者となり、夫の名前を冠した会社の事実上の経営者として働いた。

このように複雑で、埋もれがちなクリエイティブ・ペアの関係を数多く分析したうえで、本著は、ペアの関係を「邂逅」「融合」「弁証」「距離」「絶頂」「中断」の6ステージに分け、それぞれのステージを章立てています。

ペアに関する分析も簡潔で良く整理されていますが、本著の魅力は、豊富なエピソードや人物描写の素晴らしさにもあります。出会いの興奮、息のあった創作風景、すれ違う様子など、個性がぶつかる人間関係ならではの輝かしさと息苦しさを、疑似体験できます。

ビートルズのジョンとポールの描写が圧巻

本著を象徴するのは、何と言ってもジョン・レノンとポール・マッカートニーの「ペア」でしょう。本著の冒頭数ページは、2人の曲作りの様子を描写した「序曲」となっています。

「声を張り上げていた2人は、悪ふざけを始めたときと同じくらい突然やめた」と、ディヴィスは書いている。「そして、静かに曲作りに戻った。」ジョンが歌詞を少し変えて歌い、「What do you see when turn out the light?(灯りが消えたら何が見える?)」に落ち着いた。その問いかけにジョンが答える「I can’t tell you, but I know it’s mine.(うまく言えないけど、僕だけが知っている)」

冒頭から最終章まで、ジョンとポール、二人の関係性が6つのステージを経て変わっていく様、そして変わらない様を追いかけています。ビートルズの曲を思いながら読む2人のエピソードは、すごく複雑で奇跡的で感動的で、、、この二人の描写部分は、本著の中でずば抜けて印象的でした。

組織を離れて、最小単位の「ペア」が身近に(実感!)

私の職業”フリーランスPR”は、チームで仕事する機会も多くありますが、新規案件は1対1の関係性から始まります。フリーというのは、誰と仕事をするかということを自分で選べるということで、当たり前のようでいて、「会社員には、誰と仕事をするか選ぶ自由はほぼない」という驚愕の事実を、今更ながら、やっと体感しました。経験は大事、本当に大事。。。

ということで、今後ご一緒にお仕事する皆様とは、同僚でも、上司でも、取引先でもなく、「パートナー」という言葉がしっくりくる関係性を育んで行きたいな、と思います。

「孤高の天才」でなく「影に埋もれるパートナー」側が心地よい、と思ってしまう自分の性分が、変わりようがないこともわかっており、そんな自分と向き合いながら、なんとか「クリエイティブ・ペア」の片割れを求めて、今日も明日も人間関係を広げて深めて行きたいです!と、突然の宣言(笑)


<過去投稿リンク>これも「クリエィティブ・ペア」?!男2人、巨大サメを追う、詩的な海の物語

海について、あるいは巨大サメを追った一年:ニシオンデンザメに魅せられて


POWERSOFTWO二人で一人の天才 [ ジョシュア・ウルフ・シェンク ](楽天ブックス)

書評「POWER OF TWO 二人で一人の天才」孤高の天才とは神話だ!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です