書評「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」

「70人分の本の紹介、読んでみたい!」というカタログ的な興味で読み始めましたが、そんな予想はまったく裏切られ、第一印象とも第二印象とも全く違う展開に「なにこれおもしろ!!」と思いながらの一気読みでした。

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

都会の冒険!成長物語

いろんな要素を詰め込んだ本書ですが、軸は、著者の赤裸々な成長物語。夫とケンカし、家を飛び出し、お金も宿もなくホームレス寸前になる冒頭、人生の危機で著者が始めたのが、初対面の人と30分だけ話すための不思議な”出会い系サイト”に登録することでした。そのサイトで連絡をくれた人に会い、本を紹介する活動を始め、出会いごとに成長していく著者の物語は、いろいろなキャラとバトルするたびにレベルアップするRPGゲームのような、リアルでありながら、どこか冒険ファンタジーの雰囲気があります。

70人に本を紹介する1年間を通して、著者は自分の仕事を再認識し、大好きだけど行き詰っていた「ヴィレッジヴァンガード」での仕事を離れ、新たなキャリアにふみだします。キャリア論でいう”プランドハプンスタンス”(偶然や予想外の出来事に最善を尽くして対応し続けることで形成されるキャリア)そのままに、行動し続けることで「好き」と「仕事」を重ねあわせていく著書に、やりたいことをやり続けることのできる人は最終的に強い!と感じさせてくれました。

ヴィレッジヴァンガード的な…

私小説でありながらジメッとせず、どんな苦労も笑い飛ばす軽やかさ、本やらエロやらお仕事やら恋愛やら、いろんな要素が詰め込まれた”ごった煮”感、それは、著者が店長をしていた「ヴィレッジヴァンガード」の雰囲気に似ています。”ヴィレバン”の手書きポップのようなあざといタイトルと、大胆だけど繊細な著者の性格がよく馴染んでいるのも、本書の大きな魅力です。

下北沢の「ヴィレッジヴァンガード」に、開業当時に通いまくった記憶を持つモト・地元民としては、著者の大いなるヴィレヴァン愛に、大好きだったあの頃の下北店を思い出し、ほろりと懐かしくなりました。

追記…本書で紹介された本のうち、特に興味をそそられたのは、「23分間の奇跡」と「大人の小論文教室。」でした!



書評「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です